人生設計

凛乙です。

アメリカに渡った大谷翔平選手が大活躍してますね!
連日スポーツニュースで取り上げられており、私は野球はあまり詳しくありませんが海外での日本人の活躍はやっぱりすごいなあと思っています。

大谷選手といえば、高校の頃から自分の目標をしっかりと決め、それを達成するためにはどんな努力が必要かをすべて書き出して表にしていたことでも知られていますね。

また、自分がどんな人生を送りたいかを書いていることでも知られています。
その内容はテレビニュースとかでも報道されていますが、その一部をネットからちょいと転載します。

以下、ネットから転載
——————————————
18歳:大リーグ球団に入団
19歳:英語習得、3A昇格
20歳:メジャー昇格、15億円稼ぐ
21歳:先発ローテ入り、年間16勝
22歳:サイ・ヤング賞獲得
23歳:WBC日本代表入り
24歳:ノーヒットノーラン達成、年間25勝
25歳:世界最速175キロを投げる
26歳:ワールドチャンピオン、結婚
27歳:WBC日本代表入り、MVP受賞
28歳:長男誕生
29歳:2度目のノーヒットノーラン達成
30歳:日本投手最多勝
31歳:長女誕生
32歳:2度目のワールドチャンピオン
33歳:二男誕生
34歳:3度目のワールドチャンピオン
35歳:WBC日本代表入り
36歳:奪三振記録樹立
37歳:長男が野球を始める
38歳:成績下降し、引退を考え始める
39歳:来季引退を決断
40歳:最後の試合でノーヒットノーラン達成
41歳:日本に帰国
42歳:日本に米国野球のシステムを紹介
——————————————
転載ここまで

本当はもっと長く続いていて、テレビニュースでは、このあとリトルリーグの監督に就任とか、60歳でハワイ旅行なんていうのもありました。
70代は、いろいろなスポーツを楽しむなどなど、大谷選手がどういう人生を送りたいか、野球を通じてどんなことをしていきたいかがよく分かるような内容でした。

実際この通りの人生を送るかどうかはともかくとして、日ごろからこういうことを考えている人は、もし理想の道から外れそうになってもどうやったら修正できるかを考えて行動するだろうし、結果としてとても充実した人生を送るのだろうなあと思いました。

「こんなこと考えるのは若いからでしょ」と思う人もいるかもしれませんが・・・これは30歳からでも40歳からでも50歳からでも60歳からでも、「今」から考えても遅くありません。
これからどんな人生を送りたいかあれこれと想像するだけでも、脳はそれに向かって動き出します。

私も・・・これから考えよう笑

凛乙
友だち追加数@qck9506v


コメントを残す


− 4 = 零

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top