アンチ若作り

3月も10日を過ぎました。

学生時代、学年の先頭を切って誕生日を迎える私は、そろそろ心の準備をしなければいけません。

年齢のところに46 というチェックをする心の準備・・・

今までは、綺麗に歳を重ねるということ 若く年を見せることに興味がありましたが

大河ドラマで西郷どんの幾島役を南野陽子がやると知ってから

私はやっぱり幾島役は松坂慶子のよう迫力と重厚感に魅力を感じます。

ということは?

歳をとることは悪いことではなく 痛々しい若作りに励むより 私は重厚感のあるおばあちゃんになりたい!

これからは重厚感のある年の重ね方をして

草笛光子や松坂慶子、キムラ緑子のようなキラキラした人を目標に 痛々しい若作りより年相応を目指そう! と決意した日曜のアンリでした!

             皆様幸せなふ週末をお過ごし下さい!

 

 

 

 

 


コメントを残す


9 + 五 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top