人生は風見鶏


こんにちは。葵です。

81歳にしてプログラミングに挑戦し
iPhoneアプリを開発した若宮正子さんという方が
いらっしゃいます。

ちょうど昨年2月にアプリがリリースされ
あっという間に話題になり
アップルのCEOと面会
ついには先日、国連でスピーチをされました。

高齢化社会とデジタル技術の活用をテーマに
約20年前にパソコンに興味を持ち独学で習得したことや
高齢者が楽しめるアプリの開発について
全て英語でお話しされていました。

こんな若宮さんですが
「人生は風見鶏でいい」
「極めるべきは人間力」

この言葉がとても印象的でした。

ご自身は銀行員を定年まで勤め上げましたが
今、世の中の移り変わりが早いこと
柔軟に将来を見据えるのが大事だということ
その為のトライ&エラーは必要で
だからこそ怖がらなくていい
全ての経験は人生の教材である、と。

人間力と一言でいうと定義は曖昧だけれど
社会的な貢献やコミュニケーション能力ではなく
対外的・内面的に自分をみつめ
みとめられることであったり
自分の経験、考えや気持ちを大事に扱い、
育てていけることなのかなと思います。

日々の生活に追われる毎日かもしれないけれど…
自分自身に興味を持ち、これからの自分にも
色んな可能性を秘めていること。
それを是非忘れずにいられたらと思います。


本日待機しております。
友だち追加数
★メールはこちらへ★

スマートフォンの方はこちらからブログを確認できます


コメントを残す


3 × = 十五

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top