言霊

こんにちは。

海外から日本語ペラペラCOOL JAPAN大好きな友達(ヲタク)が遊びに来ていました。
その友達が質問してきました。「時々トイレに入ると”きれいに使っていただいてありがとうございます。”って書いてあるけど日本人って感謝するの好きなの?トイレの神様って曲もあったよね。(なぜ知ってる?)」と言ってきました。
「あーあれはね汚すな綺麗に使えっていう意味だと思う。それを直接書いてあったりすると”汚さないわよ”ってムッとしちゃうでしょ?いい気持ちがしないし、それと汚さないように使う側が気をつけるからね。ストレートに言わないで遠回しに言うことによってお互いに気持ち良く入れる。ダブルミーニングね。」と答えると「あーなるほど面白いね。日本語面白い。」と友達は笑ってました。

ちょっとスピリチュアルな話になりますが日本の言葉は言霊といって言葉に力を持っています。
トイレの話ではないですが遠回しに言えとまで言いませんが言葉を選んで話すとストレートに言うと喧嘩になることが喧嘩にならずに済むことが多々あります。

日本語はとても多く同じ意味でも色んな表現の言葉と文字があります。
そういえば別の友達「記号かされてわかりやすのが韓国語。一番難しいのが日本語」と言ってました。(私はシンハラ語が一番わからないと思う)
言霊研究の方の話だと「あ」から「ん」まで一文字づつ意味合いもあるそうです。

人を呪わば穴二つという言葉もあります。恨み、妬み、嫉みなどは言葉にしてしまうと力を持って自分にも返ってきます。
江戸時代の初め頃まで「祝(ことほぎ)」という呪術の方法がありました。ネガティヴなものが自分に返ってこないようにポジティヴな言葉で呪術をかけることにより自分に返ってくるものが幸せになるやり方があったそうです。

呪術とまで言わなくても言葉一つ選ぶことによって自分と自分以外の人達の世界へのコミュニケーションは変化します。

特に最近はLINEなどでのやり取りのトラブルのお話をよく聞きます。
顔が見えれば表情や言葉の持つ音でニュアンスを伝えることもできますがLINEやネットなどは文字だけの世界です。
言葉一つで喧嘩にもなるし、伝えたいことが上手く伝わらなくてイライラということも起きます。
しかも携帯やPCは電気信号で伝えます。エネルギーって電気を加えることによってエネルギーを増幅させたりすることもできます。
ということは力を持つ文字が増幅して相手に伝わったらどうでしょう?
しかも面と向かって話すのと違って文字は残ってしまいます。
大事な人達と何かあった時メールでやり取りする時は一つ深呼吸して俯瞰してそれから書く事をお勧めします。

言葉は本当に難しい。そしてとても大事。
言葉は自分の思いを自分以外の世界へ伝える最大の手段です。

蓮実

LINE@にてお問い合わせください。
友だち追加数

蓮実(レミ)先生の紹介
電話鑑定料金


コメントを残す


四 × = 32

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top