人の心の真実を追い求めて

123042529606016328693_20081228094815

紅菫(すみれ)です。

しばらく留守にしておりまして、迷惑をお被った方もいらしたようです。

申し訳ありませんでした。

さて。今回は遠くにまで足を延ばし、インドネシア南のバリ島に行ってきました。

バリは、精神疾患の人間が少ないということで知られています。

現在は観光地化が進み、精神疾患の患者も出てきているし、病院も建築されているということ。

その入院期間の短さや人数の少なさも多くうたわれています。

ただ、観光地として栄える前は、精神疾患の人数はゼロと言われています。

日本においては現代病ともされている精神疾患患者は300万人にも及びます。

うつ病は心の風邪と言われるほど、誰もがかかってもおかしくない病気とされ、

8人に1人うつであると言われています。

その現状を踏まえ、精神疾患をなくすとはそもそも可能なのかということに焦点をあて、

バリへと向かったのです。

妃様と紅菫の二人で。

そもそも、そこが間違いの始まり?

最初に飛行機に乗った時点での教訓は

・妃様に荷物を持たせてはいけない

ということでした。

飛行機に乗り込んだ妃様は張り切って紅菫の荷物を持ってくれました。

そして、喜々として歩き出したのですが。

通路側に座る全ての人の頭に紅菫の荷物をガンガンぶつけながら、

しかもそのことに気付かずに歩いておられました。

紅菫は、二度と妃様に荷物を預けまいと、心から決心をしたのであります。

つづく。。。


コメントを残す


八 − = 0

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top