お天気に、つられないで

こんにちは。葵です。

連休中は台風が日本列島を縦断し
悪天候に見舞われた所が多かったのではないでしょうか。

台風のこの季節、そして雨や曇などのお天気の時に
切っても切り離せない「低気圧と体の不調」について
今日はお話したいと思います。

「天気が悪くなると古傷がうずく」といった事を
耳にしたことはありませんか?
最近では気象病という名前が定着してきていますが
実際に気象の変化に体が対応しきれずに、不調を訴える方が
増えてきています。
低気圧とは、他よりも気圧が低いということで、
大気の圧力が低いと、人を押す力が下がる為
血管が膨張します。
すると血液やリンパの流れが悪くなったり
脳や頭蓋骨を圧迫してしまうんですね。

これらが原因で、頭痛やめまい、吐き気、むくみ
関節が痛む、倦怠感、やる気が出ない…
そんな不調を引き起こしてしまいます。

お天気が悪くなる度に、辛い症状に悩まされない様に
対策をしっかりとっておきたいですね!

むくみや倦怠感にはストレッチが最適です。
体を動かすことで血液やリンパの流れを良くします。
また、関係ない動きでも、体を動かすことが引き金になって
やる気が出たりもします。
頭痛やめまいの時には、横になって休むのが一番ですが
椅子に深くゆったり座るのでも大丈夫です。
音や光の刺激はできるだけ受けないように。

普段から規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、
十分な睡眠を心掛けるのが何よりの対策です。
忙しい毎日では、続けるのが難しいかもしれませんが
気象病の存在を知ることで、天気予報を見ながら
自分の調子を予見して、それに合わせた生活が
できていくと思います。
今後も台風が発生しそうですし、季節の変わり目でも
あります。どうか皆様、快適にお過ごしいただけますように。


本日待機しております。
友だち追加数
★メールはこちらへ★
スマートフォンの方はこちらでブログを確認できます


コメントを残す


8 × = 五十 六

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top