しあわせ、よろこび

葵です。

個人的な出来事ですが、ここ最近生と死について
考える機会が多くありました。

たくさんの家族と親族に見守られて
旅立つ人を見た時に
きっと幸せな人生だったに違いないと
願わずにはいられませんでした。

生前その人に、満面の笑顔で言われた
「出会えて良かった」

その人の人生の、ほんの一部分にしか
存在しなかった私に、そう言ったのです。
「感謝してる」と。

直接何かを授けてあげられた訳でもない
だけど、その人の喜びの一部分になれたのです。

今回かけてもらった言葉は
忘れることができない
その人との大切な思い出になりました。

幸せや喜びというと
何かを手に入れたり、自分の感情が満たされたり
とても直接的なイメージを持つことが多いと思います。

でも決してそれだけではないこと。
とても考えさせられました。

私は皆様の人生の旅路の中の
一瞬に過ぎないですが
少しでも多くの幸せ喜びの
お手伝いができればと思います。


コメントを残す


七 − 5 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top