涙で心身の浄化をしましょう。

img_2352

 

ジャスミンです。

突然でごさいますが、感情のままに泣けてますか?
つい、我慢してたりしてませんか?

私も、その1人で、つい我慢をしてしまい中々
泣けなくなりました。
子供の頃のように、素直に、気持ちのままに
泣けたらいいのに…と思ったりします。

なので「今回は、涙についてお話したいと思います。」

涙というのは、大きく分けると3種類あるそうです。
「1つは」
目の表面を保護したり 酵素を供給したりするために、基礎的に分泌される涙。

「2つめ」
よくある、玉ねぎを切ったとき、煙やゴミが目にはいったり、ワサビを食べたときなど出る刺激性の涙。

「3つめ」
情動の起状によって出る感情性の涙。
私達が、「泣く」というときの涙は、この感情の涙を指すそうです。

涙は、自律神経の中でも、交換神経と強く結びついていて、感情によって交換神経が優位になると抹消にあるまぶたの奥の涙腺が刺激されて涙が流れるんです。

感情によって涙が流れると、脳から分泌されるホルモンの
「プロラクチン」副腎皮質刺激ホルモンの「コルチゾール」
といったストレス物質も涙と一緒に体外に流れるので、感情が高ぶって流れる涙には、ストレスの原因になる物質を排出する重要な役割もあるんだそうです。

目にゴミが入ったりして
涙が出てもストレス物質は流れませんが、
悲しいとき、悔しいときに
思いっきり泣くとストレス物質を排出して、
苦痛を緩和することができるそうです。

なので、感情が、高ぶって大泣きしたあと
気分が晴れて、スッキリするんですね。
みなさんも、経験あるのではないでしょうか?

人前で、泣くのは恥ずかしいですが、
人の目を気にせず号泣できるというのは
抑制していた心のネジが取れたということで
1人で泣くよりもストレス発散度が高いそうですよ。

最初に書きましたが、泣くといっても中々泣けないですよね。
我慢をしてしまったり…
なぜか涙がでなかったり…と
状況はさまざまだと思います。


そこで、ジャスミン⋆*❁*
自然に泣ける方法を調べてみました。

↓↓↓

「抑えた感情を表に出すには、ぬるめのお風呂に
ゆったり浸かったり上半身の力をぬいて、
へそ下4cm~5cmのところに意識をむけて
「腹式呼吸」をして心身をリラックスさせてくださいね。
そして、抑えていた感情!!
「あの時○○したかったんだよね」
「ほんとうは、あのとき気持ちを理解してほしかったんだよね」など自問自答するそうです。
そうすることで、抑えていた自分の本当の感情に気がついて、自然にポロポロと泣けて癒されるそうです。」

泣くきっかけが、ない方は…
「映画」「絵本」「音楽」の力を借りるのも良いかと思います。

気持ちを押し殺さず感情のままに、泣いて
心のお掃除もして下さいね。


いつも、見守っております。


コメントを残す


× 2 = 六

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top