美人は性格が悪い伝説に物申す

lgf01a201404021300

紅菫(すみれ)です。

紅菫は、中学高校はマンガをこよなく愛する少女でした。

少女と言うからには、少女マンガを愛していました。

だからなのか、美人=性格が悪いという図式が頭の中に出来上がっていました。

なので、稀咲で美しく、美しくということを進めていく中で

美しくなっていく中で、性格はどう変化するのか?

悪くなっていくのかと思っていました。

しかし。

心理学等の学問的な見地から、美人は性格が悪いのかということに関する統計を取った結果が公開されていました。

実際はその真逆らしいのです。

基本的に顔立ちの良い子供は、目をかけられやすく、成績優秀になりやすい、周りから愛されて育ち、社交性も高い。

性格が良いというのは、評価する相手から見て都合が悪いということ、つまり嫉妬の対象にはなりやすいようです。

男女ともにもう一度関わりたいと思う相手というのは、顔が良い相手というのが大半だという統計も取れています。

愛されるためには、やはり顔の良さが重要だと、科学的にも実証されているのです。

しかし、顔立ちがどんなに良くなくても、相手に良い印象を与えられる方法があるようです。

それは、肌の綺麗さと笑顔。

男性の場合はユーモア。

そこは鍛えられるところなので、ぜひ、頑張りましょう。

ちなみに、妃様は少年マンガしか読まないので、美人は性格が悪い伝説は

知らなかったそうです。

誰よりも男らしい、妃様らしいですね。

紅菫の鑑定はLINE@でお申し込み可能です。

お問い合わせ等お気軽にどうぞ。

紅菫(すみれ)先生 @wod1627o 
友だち追加数


コメントを残す


五 × 5 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top