上品で色気のある女性

yjimageO9USNKVY

 

 

上品で色気のある女性はステキだと女性の私でも感じるのですが
色気というものを誤解しているところがありました。
というのも、ある1冊の本を読んでいる中で
「上質な女になる」という内容の一部分をご紹介すると

色気とは、
例えば突然後ろから肩をポンとたたかれた。
そのとき振り向きざまに「何よ!」と言う人は色気のない人。
にっこり笑って「なぁーに」と言える人が色気のある人。

「何よ!」と言われるより
にっこり笑って「なぁーに」と言われるほうがずっといいですよね。

これはポンと肩をたたいた方へ恥をかかせないという配慮にもなります。
「この人は自分に恥をかかせない人だな」と
感じさせる思いやりにあふれた上品な優しさ。

色気とは持って生まれたものでもあるけれど
訓練でいくらでも内面からにじみでてくるようです。
その訓練の場所は日常の中にたくさんあります。

お茶を入れる時であれば
しずくがこぼれないように器をふいたり
テーブルが傷つかないようにそっと静かに置いたり。

手にしたもの、見えるモノ全てに思いやりをもっていれば
それを見ている相手も「自分が大事にされている」と感じます。
その見えない膜になって相手に伝わるのです。
人が色気を感じるのはそんな瞬間。

男性の心をつかみたいなら
こういった男性の生理を理解しうまくやっていくといいようです。

日常的な動作を一つひとつ丁寧にしていくことは大切ですね。


コメントを残す


9 − 三 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top