恋愛上手にする脳の使い方

E7A8BCE38190E884B3E3839FE382BD

妃様は、仕事で非常によく脳をお使いです。

その反動なのでしょうか。

びっくりするくらい、日常生活には脳をご使用になられません。

お身内の方いわく、日常生活に使っている脳は、妃様の場合わずか0.2%ほどなのではないかと。

つまり、心臓を動かしたり生命維持のためにお使いで

身体や指先を動かしたりなどもほとんどしていない状態ということなのでしょう。

しかし、紅菫(すみれ)はここから恋愛上手の秘訣を学び取ったのです。

つまり、恋愛をするのに、考えてはいけないということ。

好きと思ったら「好き」ということ。

妃様「そうだよ。思った時に言わないと忘れちゃうじゃない」

今寝てるだろうとか、連絡をしていい時間かなどは考えないこと。

妃様「仕事中に連絡されるとイラッとくるけど、相手の都合はよくわからないもん」

相手に嫌われてしまうのではないか、などということは考えないこと。

妃様「そうだよ。大事なのは自分がどう思うかよ。相手がどう思うかはあまり気にしないもん」

なんとも自由奔放にみえますが、それが恋愛上手への道なのです。

妃様「すごいよもう、大変だよ。新幹線に一人で乗るなんてありえないよ。汗だくだよ」

たとえ、日常生活に支障があろうとも、、、、


コメントを残す


× 8 = 五十 六

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top