妃様の結婚観

images (11)

紅菫(すみれ)です。

妃様は結婚した経験ももちろんあるのですが、

今は結婚をできるだけしないように、恋愛をするようです。

初めての結婚は、親が進めた相手とお見合いでする予定でした。

なんせ昭和のお嬢様なので。

相手の求める条件が、家事ができなくてもいいから顔がいい人だったようです。

ただ、お見合いの席で平気で鼻をずびーとかんでしまうようなことをして

お母様が絶望の想いで見守っていたようですが

大変気に入ってもらえたそうです。

で、そのことを当時付き合っていた彼にお伝えしたら

「俺はお前がいつもきれいでいられて幸せでいられるようにがんばるから。

そのためなら、俺はキャベツをかじってでもがんばる」

そんなプロポーズをしてくれたそうです。

彼、キャベツが好きだったんですって。

そんなことを言う割には、彼は社長の息子でお金持ちではあったみたいですけどね。

だから、妃様は当時お見合い相手よりもお付き合いをしていた男性の愛を選んだようです。

しかしながら、今は相手に結婚を求めないようです。

結婚してしまったら、自分の生活が今までどおりでは行かなくなってしまう。

「起きる」とか「ごはん」とかそんなことすら自分のペースだけでできない生活は

もう嫌なんだそうです。

彼氏や旦那よりも犬が絶対的な愛情を注いでくれるし、猫は面白いからそれで癒されるそうです。

自分で生きて行けるだけの生活力を身に着け、たまに外で会ってくれる彼氏がいてくれればそれでいい。

それが妃様の究極の愛の形なのですね。

紅菫には見習えないと思う、今日この頃です。


コメントを残す


× 6 = 二十 四

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top