奇跡のようですと言われました

6982211825_538ddcab95_b

—– 鑑定士名 —–
紅菫
—– ご感想 —–
いつもお世話になっています。

先日うちのネコが食欲もなく、元気もなく、怖がっているときの鳴き方をしていて

心配になって先生に連絡をしました。

鑑定でクラリタプラーナではなくピュアの方が良いかというお話で、

ピュアをお願いして、獣医さんに行くことを勧められました。

父がものすごく心配していたので、とりあえずかかりつけの動物病院に連れて行ったところ

腎不全だと言われました。

血液検査もしてもらい、尿毒症になっていること、

このままでは数週間もたないのではないかと言われました。

家でかわいがっている子がそんなことになると、家族中が暗くなるんですね。

妹や父は食事もろくに食べられていませんでした。

でも、翌日動物病院に行くと、これだけ検査数値が悪いのに、ご飯を食べ、水を飲んでいます。

奇跡のようです、と言われました。

ここまで尿毒症が進むと、食べられないしもっとぐったりしているはずなんですと。

急いで先生に連絡をすると、食べられているのであれば大丈夫と言っていただけました。

検査数値も、だんだん良くなっていくはずですって。

実際、退院するときには血液検査の数値も獣医さんが驚くくらい改善していて

尿毒症の症状も出ていない状態になっていました。

奇跡っていう言葉を獣医さんが口にしたことにびっくりしましたが、

本当に奇跡を起こしてくれた先生に感謝しています。

また自分のことでもお世話になりますが、今回は本当にありがとうございました。

—– ホームページへの掲載の希望有無 —–
希望する


コメントを残す


+ 6 = 九

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top