幸せになるために科学を利用する

url

紅菫(すみれ)です。

今まで、何度か幸せになるためのプロセスについてお伝えしてきたと思います。

さて。幸せになるための行動をし、それを継続させる方法をご説明します。

人間には、脳の中のシナプスがあり、

それが増えれば人はスムーズにそれを行うことができるようにになります。

つまり、好ましい行動・幸せにつながる行動を起こすまでのシナプスを

たくさん作り上げてしまえば良いのです。

どのようなことをすれば、シナプスが増えやすいのか。

それは、集中をすることと関係があるようです。

集中して行ったことは、シナプスが増えてスムーズにできるようになりやすい。

逆に、好ましくない行動に関しては、集中しないようにしていけば良いのです。

例えば、彼と幸せになりたいという人は

・明るいメールを集中して書く

・一緒に過ごすときはなるべく楽しく過ごすように集中する

そして逆に

・彼に他に好きな相手が出来てしまうのではないかと不安になりそうなときは、

 できるだけ気持ちを散漫にする。

 そのようなことがあなたを幸せ脳へと変えていきます。

なりたい自分になるためには、あなたが自分で行動するのです。

あなたが自分を変えるのです。

そして、どうしても変えられないときはいつでもご相談ください。

シナプスを増やすのにクラリタプラーナも大変有効ですので、アドバイスをさせていただきます。

幸せ、それがあなたのためにある言葉になるように。

※この話に一番近い術がフェリーチェマインドです。

 思考の深いところに影響を与えますので、興味のある方はご相談ください。


コメントを残す


+ 8 = 十

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top