強い思い込みは味方にも敵にもなる

105

紅菫(スミレ)です。

彼の気持ちを知りたい方、とても多いんです。

で、毎回同じことを言うのですが、信じてくれない方がいます(笑)

「彼は私のことをどう思っていますか?」

「あなたのことが大好きですよ」

「違いますよ!」

でも、毎回その答えを聞きたくて鑑定に入っているようです。

なので、「本人に聞いてみるといいですよ」と必ず付け加えるのですが。

絶対に本人には聞かず(笑)

彼が自分を好きではないはずだという根拠を一生懸命探してきて、また鑑定に入って

「彼は私のことをどう思っていますか?」

「あなたのことが大好きですよ」

「違いますよ!」

エンドレスです。

お金がいくらあっても足りないのではないかと心配になるときはそんなときです。

私のことだと思った方、いるかと思いますが、このような方は一人や二人ではないので

ご安心ください(笑)

けれど、よくよくみてみると、ふざけているのではなく、本気で自分を愛されない人間だと信じているようです。

まるで呪文のように「絶対に愛されない」と信じているのです。

このようなことがなぜ起きるのか、その原因をみていくと、生育過程や成長過程、恋愛経験からくるものと様々です。

そして、本当に自分は愛されないと信じています。

でも、ペットでも愛されることを前提にして生まれてきたり、愛されるために生きていたりするのです。

なので、ヒトであるあなたが愛されないわけがないのです。

絶対に誰からも愛されないと心の底から信じているあなた。

アンメッテレを受けてみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら


コメントを残す


九 − = 7

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top