自分を信じることから

resizeQ21LBS1B

凛果です。

私たちは社会で生きている以上、人と結びつき縁しながら生きていかなければなりません。
人との関わりを円滑にするためには「信頼」は必要になってきます。

信頼関係を築き上げるには
「人の悪口や不平不満など愚痴はこぼさない」と言われています。
悪口を言っているのを聞いていると「私も他で言われているかも?」
と疑問を持たれ信用を失いかねません。

愚痴や泣き言が多い人と一緒にいると疲れてしまうので人は寄り付いてきませんよね。

人から信用されている人を観察してみると、悪口や不平不満を言わないし
人が喜ぶことを積極的にしているように見えます。
それと、感情のコントロールが出来ています。

仕事や人間関係(恋人との関係)、お金に関わることも
人と人とのつながりから成り立っていますよね。
運も人が運んできてくれるものです。

信頼を育て得るには時間が必要になってきますが
信用は一瞬で失うこともありますので気をつけたいものです。

人から信用を得るには、先ずは自分を信じることからです。
また、自分が自分を信じられる人間に高めていくことで人のことをあてにすることなく
人に親切にしてあげるゆとりもできてくるものです。

自分は自分のことを信用できているか?自問自答してみてください。


コメントを残す


三 × 5 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top