人それぞれの価値観。

みよちゃん

こんにちは、世以羅です。

この話ご存知の方も多いとおもいますが、私は先日セミナーで聞きました。

『みよちゃんと10円玉』

みよちゃんという知的障害がある女の子が広島の施設にいました。
その施設を卒業をするには、1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、500円玉の価値の違いを言う卒業試験がありました。知的障害の子でも騙されないように、先生方がそんな試験を考えたのです。
普通は2,3年で卒業できるのに、みよちゃんは7年経ってもまだ卒業できません、、試験にパスできないからです。
毎年、卒業試験で先生がみよちゃん,この中で一番価値のあるお金はどれですか?と聞くとみよちゃんは必ず10円玉を握ってしまいます。
先生が何でいつも10円玉しか取らないんだ?!この中で一番価値のあるのは500円玉だよ、、このままでは、いつまでたっても卒業できなよ!!と怒っても、意味のわからないみよちゃんは泣くばかり、、
そして、何回やっても10円玉を握ってしまいます。、
自分たちの教育が間違っているんじゃないか、、先生たちは悩んで色々話し合いました。
そしてみよちゃんの事をもっと知ろうということになりました。調べたらみよちゃんの小さい時、お母さんは亡くなっており、お父さんは体が弱くて入院してました。
みよちゃんは親戚の叔母さんの家に預けられていたのです、
みよちゃんの楽しみは、、毎晩10円玉を持って赤電話に行き、病院のお父さんに電話をかけること、、、それが、、みよちゃんにとっては一番素敵で、、価値のあることだったんです。
それを知った先生方は。それまでの試験のあり方に後悔しました。みよちゃんにとって一番価値のあるのは、500円玉ではなく10円玉だったのです。
みよちゃんは最後の最後まで10円玉を握ったまま卒業してました。

私はこの話を聞いて、我に返り身震いさえも感じました、皆様はどう感じましたか?
感じかたも人それぞれ、価値観も人それぞれですよね、
そのかたにとっての一番素敵なものは違いますね。

やはり価値観の近い方と一緒に、過ごせたら気持ちも安らぎ、幸せを感じることと思います。


コメントを残す


5 − 二 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top