恋愛関係を上手くするには

ピンクの光

こんにちは、凛果です。

今日は恋愛のお話を少ししてみようかと思います。

恋愛は惚れた方が負けと言われることがあります。
負けとは、相手の言う通りにしてしまうこと。

女性は彼との楽しい恋愛の状態を維持したい傾向がありますが
お付き合いしていると、だんだん大好きな彼の心変わりや
変化していく態度に不安を抱くようになったりします。

一方、男性は「自分スタイル」を維持したいという思いから
二人の関係に自分の気持ちを優先させたいという気持ちが出てきます。
恋愛初期はデートの回数も多かったけど最近はめっきり少なくなった、
メールをしても返事がない、あるいはメールがこないなどいうことがおこります。
こういうことから、いつまでもラブラブ状態ではいられなくなります。

女性は時として泣いて涙で訴えますが
ヘタをすると相手を縛る事になりかねません。
そう、重い女・・・
いつ会える?どうして?と
詰め寄ることが頻繁になってくると
相手は、だんだん重く感じるようになり
恋愛関係そのものが面倒になり別れを考え出したりします。

嫌われることを恐れ相手の言いなりになるのも
これまた都合のいい女になっていまいがち。
酷いことをされても、裏切らてれも
やっぱり、彼が好き!
こういった自分の気持ちを優先する恋は
いずれバランスを崩しボロボロになって行く傾向があります。

恋愛関係は、寄りかかりすぎても、甘えすぎても、
また、甘えさせすぎてもうまくいかないものです。

恋愛関係を上手くするには
自立した自分(自分軸)を持つことだと思います。
これができてくると安定した恋愛関係ができていくのでしょうね♪


コメントを残す


6 + = 七

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top