神仏大~好き

MIYAKO85_okatoamanogawa20140725500

こんばんは、真樹です。

いよいよ2014年もあとわずかです。身の回りの片付けや掃除はお済でしょうか。きれいさっぱりして新しい年をお迎えください。

この時期は神社仏閣がにぎわう時ですが、皆さんは初詣はどちらの神社や寺院に行かれるでしょうか?
有名な神社、近所の氏神様、いろいろあると思います。一番良いのは、「ここいいなぁ」とか「ここ好きかも」と思える神社やお寺がいいと思います。そのような感情があるということはその神社やお寺と相性がいいということになります。

願掛けも「良い出会いがありますように」「試験に合格しますように」
と人それぞれあります。必ずしも叶うとは限りませんが、少しでも叶えていただけるよう、最低限のマナーは守るようにしたいものです。
・鳥居の前で一礼する。
・左足から入るようにする。(参道の中央は神様が通る道でその中央にお尻を向けるのは失礼)
・参道の中央は歩かない。(参道の中央は神様の通る道なので)
・手水舎(柄杓に一杯だけすくって左手→右手→口をすすぐ→柄杓の柄の部分に水をかける)
・お賽銭は静かに入れる(混雑している神社仏閣は仕方りません)
・二礼二拍手一礼

せめて、これだけでも気をつけたいですね

神社仏閣に入ることは他人の家に入るのと一緒です。他人の家に土足でズカズカ上がる人の願いを神様が耳を貸すとは思えません。少しでも神様が耳を貸してくれるように、失礼のないようにしたほうがいいと思います。

そして、初詣に限らず、神社仏閣を訪れた際、参拝中、神域にいる間は「超好き~!、大好き~!」という感情漏れまくりの状態で神仏に(心の中で)超話しかけまくり・・・・、と私のようにここまでやることはないですが、でも「好き~!」って気持ちで訪れればきっと神仏もあなたのことを気に入ってくれると思います。(もちろん、失礼のないように)

たまたま、参拝したときに結婚式がやっていて幸せを分けてくれた神田神社

やっぱり、たまたま参拝したときに結婚式をやっていて幸せを分けてくれた大宮氷川神社

そこに向かう途中までは、バケツをひっくり返したような雨だったのに、着いたとたんにシトシト雨にしてくれ、なおかつ、祝詞まで聞かせてくれた、日光二荒山神社

参拝し終え、さぁ帰ろうかなと思った時に「ちょっと待ちなさい、これからお祓いが始まるから一緒に払ってもらったら?」といわんばかりにお祓いが始まり、タダでお祓いをしてくれた、鹿島神宮

やっぱり訪れたときに、タイミングよくお祓いが始まり払ってくれた筑波山神社

私が過去に訪れた神社の一部ですが、このような出来事も立派な神様からの愛情表現だと思っています。

神社仏閣が一番賑うこの時、あなたのアンテナの感度高くして、神仏の愛情表現を感じてみてください。

2015年が皆様にとって幸多き年になりますよう、心から願っています。


コメントを残す


× 四 = 36

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top