邪悪なものと花

SFC_tubakitoaozora500

こんばんは、真樹です。

You can find evil everywhere aiming at your flowers(邪悪なものはどこにでもいる。そしてあなたの花を狙っている)
Run and run and hide as you may they will catch you(どんなに走って隠れたって、彼らはあなたを捕まえに来る)
They’re always ready in your mind(彼らは、あなたの心の中でいつも機会をうかがっている。)
No man alive can see them(生きてる者は、誰も彼らを見ることはできない)
They show Themselves as flowers fall then you must go(花が散るにつれ、そいつらは姿を現す。その時は行かなくちゃいけない)
go somewhere to find yourself(自分自身を探しに行かなくちゃいけない)
if you cannot help yourself(今のままでは、逆境に負けてしまうから)
though evil and flowers both come and go(邪悪なものと花はいつも姿を現しては消える)
dark night will come over soon(また暗闇がやってくる)
then you must go(だから、また行かなくちゃ)
go somewhere to find yourself(新しい自分を探しに行かなくちゃ)
if you cannot help yourself(じゃないと、困難に打ち勝てないもの)
though evil and flowers both come and go(邪悪なものと花はいつも姿を現しては消えるの)・・・・・。

これは私がたまに聞いている歌の歌詞の一部です。この歌詞にある邪悪なものとはマイナス感情やネガティブな感情を指していると思われます。ですが、私はもう一つ、人の生命を歌っているようにも聞こえてくるときがあります。そういう時はいつも生きてるって奇跡なんだなと思ってしまいます。

私は、稀咲とは別にお仕事をしているのですが、その仕事仲間がこの世を卒業して天国に行ってしまった。
兆候があったとはいえ、突然に・・・。
私より年上とはいえ、まだ40歳になったばかりだというのに・・・・。
この人の売りであり長所は、能天気さ。どんなに嫌なことでもあまり深く考えない。「はい、次いこう、次」みたいな。
神経質でネガティブな私にとっては、その能天気さが羨ましかった。

もうその同僚はいない。いなくなって改めて思った。「生きてるって奇跡なんだ」と。
「今自分は、大地に足を踏みしめてこの世に生きられているんだ」と。「朝目覚めて、一日生きていけるんだ」と。「これほどの奇跡はないんだ」と。

お釈迦様は「人生は苦だ。」と言った。でも「ちょっと待て」と言いたい。
水戸黄門というドラマの主題歌の歌詞に「人生楽あれば苦もあるさ、涙の後には虹も出る」というフレーズがあるように、苦だけじゃない、
楽もあるはず。だから「人生は苦楽だ」とお釈迦様に反論しちゃいたい。

今自分の人生に悩やまれている方はたくさんいらっしゃるかと思います。辛い悩みなどある時などは、心が曇って見えるものも見えずらくなっていると思います。
そういう時は、私の同僚のような能天気さを少し見習ってほしいかなと思います。
ですが、そう簡単に能天気になれるものではないのも分かっています。でも、これだけわかってほしいと思います。

今自分はこの世に生きている。存在している。生きれるんだ。

同僚が教えてくれたこと。大切にしたいと思う。

そして、もうすぐクリスマス。どんな形であれ、素晴らしいクリスマスになりますように。

Happy christmas! Merry christmas!


コメントを残す


六 × 7 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top