素敵な乙女に

SONY DSC

こんばんは、真樹です。

乙な女性。乙女。粋な女性、素敵な女性をさしていう言葉。

昔の人は、順位、順番を甲乙丙丁という言葉でランクをつけていましたが、これでいくと乙というのは、甲の次、2番目です。
順番で言うと2番目の乙が、なぜ甲より粋な女性になるのでしょう。

それは、人間である以上、甲な女性にはなれないからです。甲な女性とは、言いかえれば完璧な女性。何もかもできてどこにも欠点がなく、非の打ち所がない完璧な女性というのはこの世には存在しません。いるのであればそれは神様仏様だけです。
(男性のほうも完璧な男性などいません。)

長所だけの人もいないし、短所だけの人もいない。必ず長所があり短所があります。女性にも男性にも。でも、互いにこの両方があるからこそ、魅力があり惹きつけられるのです。乙な女性のほうが人間らしく、愛嬌があり、かわいらしいんです。短所がなく長所だらけの人を魅力に感じるのではないかと考えられるのですが、それではどういうわけか物足りないのです。人間は不思議な生き物です。

短所や欠点はなくなるものではないかもしれませんが、でも消すべき短所はどんどん削って、長所をグングン伸ばして、素敵な乙女になることを願っています。


コメントを残す


− 8 = 一

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top