超ひも理論

water

こんばんは。真樹です。

私は、理系の学問は大の苦手です。今でもチンプンカンプンです。意味不明です。そんな私がなぜこのよくわからない理論のお話しするのは、ある疑問があるからなのです。よく、良い波動は体にいい影響を与えて、悪い波動は体に悪い影響を及ぼすみたいなことを言われることがあります。

この〃波動〃という者はいったい何者なのだろう?どうして体に作用するんだろう?という疑問があったからです。そのときにふと目に留まった言葉が超ひも理論。本をパラパラめくった程度の理解度なので、私は科学者ではないし、物理学者でもないので専門的な知識はなく、理解や解釈が間違っているかもしれません。なので私なりの解釈です。これは簡単に言うと、物質は原子からできていて、この原子もさらに細かくみると、とても小さいクォークという素粒子からできています。超ひも理論は、宇宙にあるすべての物質を作る最小なものは、「粒」であると考えられてきましたが、どうも「粒」ではなくて、さらに小さな「ひも状のもの」なのではないか?という考え方です。そして、この〃ひも〃は『振動』しているというのではないかという理論です。

振動には色々なタイプがあり、さまざまなタイプの振動によってひもの形が変わるのです。歪めたり、波状だったりと、数えきれないほどの動きが考えられ無限にあると考えられています。例えばギター思い浮かべれば少しはわかりやすかなと。強く指ではじくのと弱く触はじくのとでは、その時の弦の振動によって高音だったり低音だったり色々だと思います。それぞれの振動がそれぞれ異なった種類の粒子を出しているのです。ひもの振動の仕方で物質が決まるということ。つまり、物質は、すごーく小さな世界で、絶えず振動しているということになります。

私たち人間の肉体も例外ではなく、振動で成り立っているのではないかということです。
ひもの振動の仕方によって物質の形が変わりますから、ごくわずかな振動でも影響大です。

人の体を細胞レベルよりもっと小さなレベルで見ると、振動しています。振動しているからこそ、他からの振動に影響しやすのではないかと思います。

この理論はまだ不明な部分も多く、確立されてませんが、もしこの理論が本当ならば、良い影響が出る良い波動というものがあるならば、それを受けるにこしたことはないですよね。

その『良い波動』なんなの?って思われるかもしれませんが、あまり難しく考えずに、例えばドライブやパワースポットにいって気分転換したり、また自分自身からも感謝や感動の気持ちを持つようにしたりと。感謝や感動の気持ちは良い波動だと思うので、自分自身がそのようなもの持てばより良い波動を受けやすくなるのではと思います。

良い波動を受け、充実した生活を送りたいものです。


コメントを残す


− 4 = 五

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top