妃様の作り方2

lgf01a201308160800

「三つ子の魂百まで」の格言通り、

妃様は蝶よ花よと育てられました。

扇風機などというものにはあたったこともなく

冷暖房完備のお部屋で

気に入らないことがあると外へ飛び出し、道路に大の字になって寝るという

お嬢様ぶり。

階段をけつまずいたことにより、周囲の人間が青ざめてしまうような育てられ方を

していたようです。

小学校では、お掃除の時間は机の上で過ごし。

みんなが大変楽しそうにしていたので、ちょっとやらせてもらったら

たいそう疲れてしまったとのこと。

掃除当番をしたことは生涯で一回きりだったようです。

そんな風に愛情たっぷりに育てられた妃様は、

当たり前のように人にも愛情を向けられる人間に育ったようです。

常に弱い者の味方であり続け、いじめられている子はかばい、

いじめっこには当然のようにはむかっていく。

そんな正義のお嬢様だったようです。

それが、そのまま大きくなられ。

当然のように人の幸せを願うようになり、それがそのまま今の仕事へと

結びついていったようです。

なので、自分の子供を妃様のようにしたいとお思いの全国のお母様方。

お子様を蝶よ花よと、育ててください。

例え生活能力はなくとも、心の底から優しくなれるお子様に育つことでしょう。


コメントを残す


五 × 1 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top