伝わる安心

子どもの頃、怖い夢を見たら、隣で寝ている母を起こすと、
寝ぼけたまま手をつないでくれて、私はすぐにまた眠ることができた。
大人になって、抱きしめられる経験を
長いことしていなかったことに気づいた瞬間があった。
自分で自分を抱きしめても届かない背中側に感じる温もりは、
実は非常に大事なものだと思う。
生れ落ちて抱かれる時は必ず背中側に温もりがありますからね。
そこにあるのは、安心。
怖い夢を見て手をつないでもらってすぐに眠れたのと同じ安心。
それはいくつになっても人には不可欠なものなのだと思います。
だから私も、
息子が嫌がる時がくるまで、たくさん抱きしめてたくさん手をつないでいたいと思います。
息子のためにやっているようでも、実は私が安心をもらっているんだと思う今日この頃。
大切な人を抱きしめて、
手をつないで、
触れて、
体温を、心の温もりを感じてくださいね。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Go To Top